営業が苦手な人も、営業が嫌いな人もちょっと待った!実は、売れる人には理由があります。それはほんの少しのコツの違いなのです。


・昔は売れていたけれど、最近は売れなくて悩んでいる
・売れるときは売れるけれど、コンスタントに売ることができない
・そもそも営業が嫌いである
・お客さまに頭を下げるのが疲れた

ようこそ、当サイトへ。

あなたが営業で困っていることがあるとすれば、それは「売れない」ということでしょう。思ったように売れない人もいれば、全然売れない人もいるかも知れません。昔は売れたけれど、最近になって売れなくなった人もいるはずです。

しかし、安心してください。というのは、売れる人と売れない人の違い、それはたった一つのことしか違わないからです。「お前なぁ~、素人だろ!営業はそんなに単純じゃないぞ」とお叱りを受けるかも知れませんが、そう思うこと自体、売れない証拠です。トップセールスマンと呼ばれる人たちは、営業を極めてシンプルに考えています。だから、売れるのです。

営業にはコツがあります。売れている営業と売れない営業を比べれば一目瞭然!簡単なことなのです要するに、「売れないのには理由がある」のです。

営業を勉強している人の中には、「どうすれば売れるのか?」ということを熱心に考え、そしてトップセールスマンのセールストークを細かく分析する人もいます。しかし、それは「売れる理由を探す」アプローチです。

そのアプローチだと、なかなか売れる真理に気付くことは難しくなります。なぜならば、「売れている人自身が自分が売れている理由を分かっているとは限らない」からです。

昔から、営業は属人的な要素が強いといわれてきました。それは、「売れている理由」を見つけようとした結果なのです。売れている本人すらなぜ売れているのかが分からないのであれば、それを第三者が見ても分かるはずはない。あなたの会社で売れている人も、なぜ売れているのか分かりますか?なんでアイツが・・・という人に限って売れている、そんなパターンでしょう?だから、分析のしようもないし、真似なんてとてもできない。

そうではなく、「売れない理由」を考えれば良いのです。売れている人にも実は共通点があるのですが、それを見つけるよりも「売れない人の売れない理由を考える」方がはるかに簡単です。なぜならば、売れない人には明らかに共通点があるからです。そして、それはあなた自身を分析すれば良いから、余計に分かりやすい。(あなたにはたいへん非礼な言い方ですが、実際そう思いませんか)その結果として、「売れる理由を導き出せば良い」ということです。

当サイトでは、売れる営業と売れない営業の比較に着目して、どうすれば営業で売れるようになるのかを解説していきます。結論からいえば、それは極めてシンプルなことなのですが、シンプルであるが故に分かりにくい。そして、単純すぎるから「売れている人にもなぜ売れているのか分かっていない」、そんな営業のコツです。

どうぞ、当サイトを参考に、あなたも売れる営業を実践してみてください。

あなたが年齢がいくつだろうが、男性だろうが女性だろうが、何を売っていようが、営業経験の有無に限らず必ず売れるようになります。

なぜならば、営業とはとてもシンプルなものだからです。

 次へ 売れないから売れる営業へ変わる


 

売れない営業マンが一夜にしてトップセールへなった方法 
  【急激に営業力を高める魔法の営業ノウハウNLP】
 

あなたも自宅で一気に営業力を引き上げることが可能です。
自宅でNLPを学び明日から営業力を高める

TOPPAGE  TOP